薄荷舎

記事一覧(6)

【清蓮日和】ジェラシー

ジェラシーという感情は、実は諸悪の根源です。戦争でさえも、もともとはジェラシーから始まるのだとか。ジェラシーがなくなれば確実に平和になるのでしょうか。『愛という言葉は知っていても、本当の愛を知っている人間は極めて稀である』そう教えてくれた賢者がいます。確かにそうですね。幸せならば相手のどんなことでも許せると言います。確かにジェラシーは、愛しているからではなく、所有欲とか、憧れが強すぎるとか、自己卑下とか、そんな感情から生まれるもの。でも、だからってジェラシーを毛嫌いしても仕方が無い。だって、ヤキモチはヤキモチ。正直な感情なので、それを我慢するのは体に良くない。感じたことは素直に表現するのが吉。ならどうしたらいいのかというと私たちにはちゃんと《変容させる力》が備わっています。ジェラシーも、ポジティヴなエネルギーに変換させることが可能なのです。例えば、恋人が今日街で綺麗な女性と歩いていたのを見ただけでメラメラするとします。そんなとき、キーキー騒いでケンカすることも、じっと耐えて知らんぷりをしてある日ガンになるのも、ひとりぐずぐす泣くのも出来ますけれども、同じエネルギーならポジティヴにも使えるのですよね。たとえば、ちゃんと顔を洗って綺麗に化粧したり、ばーかばーかと言いながら美容院に行って、ビーナス誕生だ、ばーか★というのもありです。みてろ、激旨料理で餌付け作戦とか。とても簡単な例を出しただけにすぎません。こんな風にうまくいかないと言われるかもしれませんね。でも、泣くのも笑うのも、同じエネルギー量を使うなら、楽しいほうを選んだほうが良くありませんか?諸悪の根源のジェラシーも、そう思って見ると、それだけあなたが使えるエネルギーを持っているということになりませんか(^-^)/もし嫉妬深いとお嘆きなら、エネルギー変容を是非トライしてみてください。『本当の愛』を知るのが難しいとしても、そんな変容を繰り返して行けば、近くに行けるかもしれません。いや、こんな偉そうに書いているわたくしだって、そううまく変容させられないのですけれども、でもずいぶんトライしてみました。いろんなジェラシーに関して。考えていると、頭でっかちを促進してしまいますし、考えすぎるとわからなくなります。そんな時は、笑ってすごせるほうを選択することにしています。うまく笑えたら、Lucky♪

【清蓮日和】表面的な言葉は虚しい

彼とケンカしました。「もう怒らせない」とLINEしたのに返事が無いんです。どうしたらいいでしょう。というご相談があるとき。まあ、よくあるご相談です。そんなときはお聞きします。「なぜケンカしたの?なぜ彼を怒らせたの?」「私が妬きもちを妬いたからです」で、もう怒らせないって言うんですけれど、具体的にどうやってもう怒らせないようにするんでしょう。もう妬きもちを焼かないってこと?きっと妬きます。何回も。「我慢します」どちらかが我慢して成り立つ関係は長持ちしません。そもそもどうして妬きもちを妬くんでしょうね?「え?ええと、自分に自信がないから」そうですね。それが一番ですね。もうひとつ。自分に自信がないから、彼のことを信じられないのです。他にもっとかわいい子が居る。私なんか、本当はそんなに魅力的じゃないもんって思ってるからです。それ、彼にすごく失礼なのですよ?そんなに魅力の無い女性と、どうして彼は付き合ってるんでしょう?そんな時間の無駄ってありますか?もう怒らせないというならば、まずあなたが自分を信じること。そして彼を信じること。それが出来ないなら、怒らせないことなんて、出来ないのです。つまり「もう怒らせない」って言うのは、ウソ。根本を理解しないで、その場限りの表面的な言葉を言ってるだけです。冷たいようだけど、なぜ彼が怒ってるのか、まるでわかってないなら、この恋はもう終わります。彼が大事な時間を使って、会うのは、あなたに魅力があるからです。あなたが好きだからです。そのことを信じられないですか(^-^)

占い師 清蓮の独り言【清蓮日和】

ミステリースクール公認のヒーラー・ガイドをしておりますが、占い師もしております。ここでは占い師清廉(せいれん)の話をつづろうと思います。LINEトーク占いでは、私のアイコンはチューリップです。写真を提出したのですが、遅かったみたいで、チューリップに定着してるような雰囲氣。今更変えてもお客様も混乱すると思いますから、しばらくチューリップのままで行こうと思います。---------------------よく「LINEの私のメッセージを彼は既読無視するんです」と悲しむ女性が居ます。でもしばしば男性と女性では、LINEやメールの重要度が違うことにお氣付きですか?女性脳は、会話で氣持ちを整理し、形にしていきます。でも男性脳は決まったことしかLINEやメールに残しません。女性脳にとってLINEやメールはコミュニケーションツールであるのに対して、男性脳にとっては連絡ツールだからです。既読がついたら、「ああ、伝わったな」と思うので、返信が無くても氣になりません。男性脳は無視したつもりなんかないことのほうが多いのです。従って女性脳がそのことでおろおろしてるなんて、考えもつかないことなのですね。女性脳のみなさん、むやみに悲しまなくていいことを知ると、もう少し楽になります。